2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010香港(その8)

夕食は中環の「龍記飯店」というお店へ。
ガイドブックの「必食ローカルフード」という特集に掲載されていたのだ。
ローストしたお肉をご飯の上に乗せたメニューが有名らしい。

期待して出向いたのですが、
予想以上に店内の環境ががが。。。
多分私1人だったら、退散してたと思います。

テーブル、イス、床の痛み具合がすごく、
コップと蓮華の洗浄度もどうなのか、、、とか考えると、
食欲が削がれてしまいました。
そして壁一面につるされた、食材たち。

20100826+161_convert_20100831115945.jpg


ところがです。
出てきたご飯と豚肉はとってもジューシーでおいしい。
ただ、店内環境のせいで、
私にとっては、おいしさ半減です。
20100826+160_convert_20100831115922.jpg
だからきっとこのお店はテイクアウトがよいと思います!!!


食後は、ヒルサイドエレベータに乗ってみました。
2006年に来た時は雨模様だったので、エスカレータ2基乗ったところで降りちゃいましたが、
今度は最後まで。
全長20基、800mだそうです。

ところが、この日はとても蒸し暑く、
エスカレータに乗っているだけで、汗がにじむ。
20基、最後まで行ったら何かあるだろうと期待していたのだけど、
高級そうな高層マンションだけでした。
だから、景色はまったくよくありません。
でも、この傾斜地帯に高層マンションが建っているからこそ、
ビクトリアピークからの夜景が素晴らしいものになるのでしょうね。
20100826+163_convert_20100831120042.jpg


そして今度はひたすら階段を下る。
お昼にポーリン寺の270階段をこなしたばかりなのに。
なんでこんなに健脚コースばかりを選んでしまうのか。。。

途中、ソーホーと呼ばれる、欧米人たちが集まる場所を通ります。
ここは本当に欧米人ばかり。
(なお、宿泊したホテルの周りは黒人ばかりが集まっていた。)
こんな急傾斜の場所で飲んでいて、
帰りは大丈夫なのかしら?と余計な心配をしてしまいます。
でも、恐らく彼らは、階段を下るのではなく、
エレベータorタクシーで上るのでしょう。

階段を下り終える頃にはすでに汗だく。
杏花樓というスイーツ店で休憩。

これは、しょうが湯に黒ゴマダンゴ(タピオカの皮包み)。
見た目は地味だけど、すごーくおいしいです!!!
20100826+167_convert_20100831120122.jpg
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://wibl.blog94.fc2.com/tb.php/99-14d5fc0b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。