2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコク-14

オーサーズラウンジ。
ホワイトとグリーンを基調とした内装。
光が燦燦と差し込んできます。
20101226+166_1_convert_20110126200957.jpg


所狭しと、壁に絵画や写真が飾られていますが、
これがまたなんともいえず、優雅なのです。
どうやら、描かれているのは文豪らしいです。
階段下の白いピアノの上にはこんな写真も。
写真前に置かれている茶色い本は、ラウンジのメニューブックです。
20101226+179_convert_20110126210345.jpg



ここは2種類のティーセットから選べますが、
選んだのは、「マンダリオンオリエンタルタイ ティーセット」。
もう一方はトラディショナルティーセットでしたが、
タイまでやってきたのだから、やっぱりこれでしょう。
もちろん、二人で1セット。
一人1セットだと、夕食まで響いちゃうということもありますが、
やっぱりセコイ?

まず最初はココナッツのソルベからスタート。
ソルベの後、紅茶がサーブされました。
茶葉はマリアージュフレール。
20101226+169_1_convert_20110126201053.jpg 20101226+170_1_convert_20110126201120.jpg


そしてお待ちかねの三段トレイ。
初めて見るお菓子がいっぱい!!!
20101226+171_1_convert_20110126201205.jpg


まずは下の段からチェックしていきましょうか。
サンドイッチはまあよいとして、
パフ(カレー味)が乗っているのが特徴的です。
20101226+174_1_convert_20110126201359.jpg


次は中段。
スコーン、パウンドケーキが緑色してます。
これは、パンダンリーフの色。
パンダンリーフは甘い香りがするハーブで、デザートの香り付けに使われるらしいです。
20101226+173_1_convert_20110126201325.jpg


そして、上段。
ここには、興味をそそられる小さなお菓子がたくさん乗っています。
20101226+171_4_convert_20110126201243.jpg
まず、一番手前の黄色のお菓子。
見た目はキンカンみたいです。
ところが口に放りこんだところ、素朴な味。
着色料たっぷり?の毒々しくも鮮やかな姿形からは想像もつかない、優しい甘さです。


そして、その隣の白いお菓子。
これは、ココナッツのメレンゲとゼリーの2層になっていて、
甘いんだけど、すごく好みの味

これらは一体何なんだ!ということで、
お店の方に聞いたところ、
黄色い方が「ルクチュ」、
白い方が「タゴー」(と聞こえた。)

どこで手に入れられるか尋ねてみたら、
「市場で買ってください。デパート、あまりおいしくない」と、
勉強中だという日本語で、丁寧に教えてくれました。
次の日、市場に行く計画を立てていたので、
これは探さねばならぬ~!とばかりに、
ガイド本にメモりましたよ。

20101226+167_convert_20110126201544.jpg

オーサーズラウンジ。
流れる時間があまりにもゆったりで、ついつい長居をしてしまいます。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://wibl.blog94.fc2.com/tb.php/128-d2925b0e

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。